なぜリーガロボが必要なの?

私たち弁理士や弁護士そして社会保険労務士などの法律家は、
高度な知識と複雑な専門用語を用いるため時として相談相手に対し時として
「難しい話をする」「近寄りがたい」、「威圧的といった」印象を与えてしまうことがあります。
「もっとしっかり聞きたい」、「もっとわかりたい」、でも、「時間や場所の都合をつけづらい…」
そのような問題を解決するためにLegaRoboサービスがあります。
ヴイストンが開発したコミュニケーションロボット「Sota」の
人工知能とゴールドアイピーのチャットシステムを用いることで
法律家とのコミュニケーションをより身近にします。

サービスイメージ


STEP 1
法律家に忙しくて会えない。
会っても難しい話でわからない。

STEP 2
リーガロボとチャットシステムを
簡単に接続。

STEP 3
難しいコミュニケーションを支援!
いつでも気軽に相談が出来るようになります。
ゴールドアイピーのチャットシステム「IP Share」を介することで、時間と場所の調整が難しい法律家と円滑なコミュニケーションができます。
また、LegaRoboが購入者と一緒にいることにより、法律家がアドバイスをしている際にロボットがジェスチャーで感情を伝えることことができます。
「IP Share」に関して詳しくはこちらへ 

価格

初期費用

限定100台
145,000円(税別)

月額費用 (Sota クラウドサービス料)

4,500円(税別) × 12

初回オプション

CANDY・A・GO・GO
キャンディ付き

申し込みから引き渡しまで数か月かかります。
本サービスは弊社チャットシステム「IP Share」を一緒に使用いただくとことで、より快適なコミュニケーションをとることができます。お問い合わせはこちらから